このサイトでは、電子計測器について学ぶときに役立つざまざま情報をご紹介していきたいと思います。
主なメーカー、計測器の用途や、生産ラインに合わせた機器の選び方、販売サイトで購入するときの注意点などたくさんの情報をお届けいたします。
まだ計測器について全く知らず、これから学び始める、初めて購入する方もぜひ参考にしてください。
最後には現在の最先端の技術を使った精密計測機をいくつかご紹介しますので、最後までお楽しみください。

主な電子計測器メーカーを紹介

主な電子計測器メーカーを紹介 現在使われている電子計測器はたくさんありますが、その中でもよく使われている主なメーカーについてご紹介していきます。
キーエンスは自動制御器、顕微鏡なども取り扱っている計測器メーカーです。
上場企業の中でも売り上げはトップクラスで、社員の給料が高い会社1位に輝いたこともあります。
卓上型のどこでも設置できる三次元測定機、瞬時に測定できるCNC画像測定器など、素早さと正確さを備えている商品も多いです。
グラフテックは電子計測器の他に印刷、製図関連の商品も取り扱いのある会社です。
有名なのは温度、湿度、電圧など各種データを保存できるデータロガーです。
型番によってより細かなサンプリング間隔で収録できるものや、同時に200chまで収録できる拡張ベースが付いているものなど、用途に合わせた商品選びが可能です。

電子計測器による温度を測定することについて

電子計測器による温度を測定することについて 大小さまざまな電気信号を波形で表示するのが電子計測器です。
このしくみは、電気信号の増幅や演算による分析によるもので、アナログ式とデジタル式があります。
デジタル式には、データ処理を行い記録できるものがあり、オシロスコープと呼ばれる波形観測による計測器が注目されています。
この電子計測器は、振動や温度などの変化を正確に測ることができるのが特徴といえます。
その他にも温度計測に特化した放射温度計が挙げられます。
これは赤外線の計測によるものです。
すべての物体からは、赤外線が放出されていて、その赤外線の波長を計測する仕組みです。
この測定器の利点は、高速で測ることが出来る点にあります。
さらにその物体に触れることがなく非接触の状態でも対応しています。
また、形状はハンディタイプの携帯型と設置型があります。
これらは用途に応じて適切な利用でより正確に数値化できます。
測定したい物体との距離にも関係したり、低温か高温を調べるのかどうかにもよります。
またその放射率を的確に調整することも必要です。
こうした機器を利用するためには。
基本的な操作知識を把握することが大切です。
確かな操作により正しい数値を確認することができるからです。

電子計測器は電力を消費するものもあるので注意

"電子計測器は電子回路の様々な状態を測定するために用いられることが多く、さらにはその種類によってはいろいろな用途に利用されることが少なくありません。また小型なものが多いため、そのほとんどが電池やバッテリーで動作をすることが多いものです。
電子計測器は小型で持ち運ぶことができる便利なものが多いのですが、その中には電力の消費量が非常に大きく、数回の測定で電池がなくなってしまったり、バッテリーに充電が必要となることも少なくありません。そのようなときには測定を続けることができなくなってしまうため、充電器や予備の電池を用意しておくことが必須となります。
電子計測器は小型であるため電力消費量も少ないと言うイメージを持つ人も多いのですが、必ずしもそのようなものばかりではありません。測定を行うために大量のエネルギーを消費するものも多いため、いざというときに備えて予備の電池や充電器の準備を必ず行っておくことが、スムーズに測定を進める秘訣となります。

電子計測器の電源には様々な注意が必要です

電子計測器は様々な測定値を正確に得ることができる非常に便利なものであり、近年ではいろいろなところで利用されています。従来ではなかなか正確に測定することができない微妙な測定値を測ることができるほか、様々な機能を持っているものが多く細かな数値を得ることができるのもポイントです。近年ではデジタル表示の技術を用いて細かな単位まで正確に知ることができる機能を持っており、そのために誤差の少ない測定をすることができるのもよく使われる理由となっています。
しかし電子計測器を利用する際には、注意しなければいけないポイントがあります。これは電源の性質に大きな影響を及ぼしてしまうと言うことであり、そのために様々な対策を行わなければなりません。一般的な家庭用の電子式の場合にはあまり正確なものが必要ではないため、多少の電圧変動やノイズの発生等はこれを機器内部で吸収し正常に動作をすることができるようになっていますが、電子計測器の場合にはその影響を受けてしまうので注意が必要です。

電子計測器などの測定結果を利用して計算する間接計測

電子計測器と聞くと、オシロスコープやデジタルテスタなど電気信号を測定する目的で利用する検査装置をイメージされる人も多いのではないでしょうか。しかし、デジタルノギス・マイクロメータ・三次元測定機なども電子計測器の一種で、これらの機器を使って寸法を計測する方法には直接計測・間接計測・比較計測などの3つの手法があります。直接と呼ばれるやり方は、ノギスやマイクロメータなどの機器を活用して、対処物の寸法を直接測る手法で絶対測定と呼ばれることもあるようです。間接計測は、測りたい対象物の寸法に関係している別の測定データを利用して計算する方法で、一定速度で物体を動かしたときの通過時間を予め実測しておいて、そこから長さを求めるなどが代表的です。比較測定は、ゲージブロックやリングゲージなどのような基準となる装置を利用して、これらと対象物の差より寸法をダイヤルゲージなどを使って割り出す手法ですが、範囲が限定されるデメリットを持ちます。

レーザーを用いた電子計測器の正しい選び方

科学技術が発達したことでレーザーを用いた製品もまた多くなっています。その一例と言えるのが、電子計測器です。しかし、こういった商品は多くの種類があるので何を選べばいいか迷うでしょう。電子計測器を買うには、ある重大なポイントを見逃してはいけません。そのポイントは何かというと、PSCマークを取得しているかどうかです。PSCマークとは、人体に悪影響を与える危険性がないかを確認した証になります。これを取得していない商品を使うと、体調を崩す原因にもなり得ます。そのため、このマークの確認は怠っていけない作業の1つです。さらに、商品を選ぶ際にはなるべく聞き覚えのあるメーカーのものにしましょう。一般的に認識されているメーカーであれば、安全な商品を扱っている可能性も高いです。ただし、あくまで可能性が高いというだけなのでPSCマークも含めて慎重に選ぶようにしてください。体調を崩すようなことがあったら、すぐに使用を止めてメーカーに問い合わせましょう。

もっとスペクトラムアナライザを知りたい

スペクトラムアナライザについて調べてみよう